妻に勃起しない
妻に勃起しない

よその女には勃起するのに妻に勃起しないのはなぜでしょうか?

妻で勃起しても包皮の癒着や脊髄損傷で不妊に

大好きな妻で勃起するのに、長いこと赤ちゃんができないという夫婦がいます。男性側に不妊の原因がある例としては、包皮の癒着や脊髄損傷などがあります。
男性器の包皮が引っ付いているのは真性包茎です。自分で剥けない、剥こうとしても痛みが強くて無理だというものです。この場合、妻と行為をしても奥まで精子が届かずに不妊になることがあります。また、挿入自体ができない、入りにくいといった困難も報告されています。避妊具がうまく着用できず、剥がれてしまうといった失敗も起きやすいようです。癒着は、お風呂で少しずつ剥いていくことが大切ですが、上手く剥けない場合は泌尿器科など専門のお医者さんで手術してもらった方が良いでしょう。EDや男性不妊の原因になりますし、包皮にばい菌や雑菌が貯まり、感染症にかかりやすくなります。ばい菌などによって女性を不妊症にしてしまったり、子宮頚癌のウイルスを移してしまうこともあります。大切な妻のためにはも真性包茎は改善せねばなりません。
交通事故や転落などで脊髄が傷つく脊髄損傷では、勃起はできても出すことが困難になると言います。バイブレーションなどで男性器に刺激を与えると果たすことができます。妊娠を望む場合は、泌尿器科や産婦人科で男性の精子を採取し、妻の卵子に受精させて子宮に戻す体外受精が取られます。兵庫県の福知山線での電車事故でこの部分が損傷してしまった負傷者もいます。自転車やオートバイでの転倒、スポーツ、腰の打撲などで損傷してしまうケースもあります。あなたは過去に腰を痛める事故に遭いませんでしたか。
包皮の癒着や脊髄損傷などは、妻で勃起しても最後まで果たせないED、不妊の原因としては分かりやすい例です。原因が分からないEDや不妊は、泌尿器科や産婦人科など専門医を受診しましょう。