妻に勃起しない
妻に勃起しない

よその女には勃起するのに妻に勃起しないのはなぜでしょうか?

老化の影響で妻とのセックスで勃起しなくなることも

20代30代の若いころであれば何も気にせずにセックスを楽しめるものですが、年を取るにつれて勃起しづらくなってしまいます。完全に立たなくなる、立ったとしても中折れしてしまう、立ったとしても十分な硬さが得られない、などトラブルはさまざまですが、これらはすべてEDと呼ばれます。いくら愛する妻だったとしても、EDになってしまうと気まずくなるもの。

EDは老化が影響を与えていると考えがちですが、男性の中には70歳を過ぎてもセックスを楽しむ方もいます。EDが起こる原因はどこにあるのでしょうか。代表的なものは食生活です。菓子パンやスナック菓子などにはトランス脂肪酸が含まれており、これらを多量に摂取してしまうと体内の悪玉コレステロールが増加し、善玉コレステロールが減少してしまうのです。これによってEDが引き起こされてしまいます。トランス脂肪酸を摂取し過ぎることで、30代の若さでEDになってしまう男性もいますので注意しましょう。さらに、血液がドロドロになることも危険です。ペニス内の海綿体に血液が溜まることで硬くなりますが、血液がドロドロしていると血液が十分に運ばれません。そのため、青魚や野菜を摂取してサラサラの血液を目指しましょう。

また、現在はクリニックでED治療をすることが出来ます。バイアグラなどの治療薬が処方されるので、それを服用してください、男性スタッフだけが対応するので恥ずかしさはありません。さらに、初回の診察料を無料にしているクリニックも少なくありませんので、インターネットなどで探しましょう。また、現在はバイアグラなどのジェネリックも登場しています。同成分で同様の効果が得られるので、自分に合ったものを選びましょう。