妻に勃起しない
妻に勃起しない

よその女には勃起するのに妻に勃起しないのはなぜでしょうか?

血中アルコール濃度があがらず太らないお酒で勃起

お酒を飲むと性欲が高まるものの、起たなくなったり途中で折れてしまったりしませんか?体も太りやすくなり、毎日のお酒が原因で下腹がポッコリした中年体型になってしまう人もいます。でも大好きな妻と行為に及ぶ前、雰囲気を演出するためにもお酒は重要です。実は勃起に影響しにくいお酒があるのです。
そのお酒とはスコットランド発祥のウイスキーです。お酒を飲んだ後のEDは、血中アルコール濃度が急上昇することで末梢神経の働きが鈍くなることが原因です。なかなか起たない、なかなか出せないという性行為の困難を体験することもあります。ウイスキーはビールなどと比べて、血液中のアルコール濃度が上昇しにくい特徴があります。末梢神経の働きが鈍りにくいので、勃起にも影響しにくいと考えられます。妻と一緒に飲んで、ほろ酔い気分のいいムードで健全に夫婦生活を営めるお酒なのです。
ウィスキーは血中アルコール濃度があがりにくく、抜けやすいので二日酔いもしにくいお酒です。蒸留酒なので、糖分はほぼゼロ。ビールなどの糖質は太る原因として有名で、下腹の出たメタボ体型はビール腹などと呼ばれていますね。ウイスキーは糖分ほぼゼロなことに加えて、カロリーもシングル30mlでおよそ70kcalです。ビール1缶を飲むと140kcalなので、ウイスキーは太りにくいお酒と言えます。太ることは血流の悪化からEDを招くので、避けたいものです。見た目もタプタプで格好悪くて妻に嫌われてしまいます。
アルコールの分解には、男性ホルモンの材料となるビタミンやミネラル、亜鉛などを消費します。ウイスキーは血中アルコール濃度があがりにくく抜けやすいので、長期的に男性ホルモンの低下もしにくいのが魅力です。太りにくいことも含めて、健全な勃起ができる貴重なお酒です。